Hotel Info

ARTICLE PAGE

阪急阪神、「宝塚ホテル」移転計画を発表 宝塚大劇場の西隣に2020年春にも移転・新築

author photo

ByHoteler

-
takarazuka_20170709163324.jpg

阪急阪神ホールディングスの阪急電鉄と阪急阪神ホテルズは、1926年に開業した「宝塚ホテル」の移転計画を発表した。移転後のホテルの住所は兵庫県宝塚市栄町1丁目292番1ほか。宝塚大劇場の西側隣接地にある現駐車場の敷地に立地。ホテルは2020年春にも開業する予定。

阪神間モダニズムと称されるクラシカルな現ホテルのデザインを継承した建物は地上5階建て。客室は約200室。館内には宴会場やカフェレストラン&バイキング、日本料理や鉄板焼、ラウンジなどを備えている。

takarazukatizu_20170709163336.jpg

新しい宝塚ホテルは、現在のホテルのデザインを継承するなど伝統を受け継ぐとともに、これまで以上に宝塚歌劇と連携して新たな魅力を発信することなどにより、地域の良好な都市イメージのさらなる向上に努め、2020年春の開業を目指して本計画を推し進めていくこととした。

詳細はこちら



おすすめ記事