Hotel Info

ARTICLE PAGE

IHG・ANAと東京センチュリー・GHS、「インターコンチネンタル別府リゾート&スパ」を2019年にもオープン

author photo

ByHoteler

-
interbeppu20170704224326.jpg

日本においてホリディ・インやクラウンプラザ、インターコンチネンタルホテルを運営するIHG・ANA・ホテルズグループジャパンは、総合リース業を行う東京センチュリーが新たに開発しGHSが経営する大分県別府市のスパ・リゾート開発プロジェクトに参画し、GHSとのホテルマネジメント契約のもと「インターコンチネンタルホテル別府リゾート&スパ」を2019年にも新たにオープンすると発表した。

ホテルの住所は大分県別府市明礬。別府市内を見渡す景勝地に立地。クラブ・インターコンチネンタルを用意する客室は全89室。総敷地面積82,000㎡の館内にはレストランや専用ラウンジなど付帯サービス付き「クラブ・インターコンチネンタル」、スパ、フィットネスルーム、プールなどを備えている。

interbeppuroom20170704224335.jpg

IHGANAのCEO、ハンス・ハイリガーズ氏は、「インターコンチネンタルは、世界的に高い知名度を誇る、真の国際的ラグジュアリーホテルブランドで、世界の主要都市や数多くのリゾート地に展開しています。自然景勝、歴史、豊かな食、そして素晴らしい温泉に恵まれた大分・別府に誕生することをたいへん嬉しく思います。ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパは、世界的にも希なラグジュアリー・リゾートとして、弊社ならではのIHGとANAの両ブランドの強みを活かし、国内外の多くのお客様から支持されると確信しています。」と述べている。

詳細はこちら



おすすめ記事