Hotel Info

ARTICLE PAGE

ナゴヤキャッスル、ウェスティンナゴヤキャッスルを「ホテルナゴヤキャッスル」へリブランド 2018年2月にも

author photo

ByHoteler

nagoyacastle0525140412.jpg

キャベジンやバンテリンなどの商品を販売する興和の子会社として、キャッスルプラザやレストランを運営するナゴヤキャッスルは、2018年2月1日にも現在運営中の「ウェスティンナゴヤキャッスル」を「ホテルナゴヤキャッスル」へとリブランドすると発表した。

ホテルは1997年11月にスターウッドホテル&リゾートとフランチャイズ契約を結び、その後20年間運営されてきたが、フランチャイズ契約が2018年1月31日をもって満了することを契機にマリオット・インターナショナルと契約を終了することで合意した。ホテルナゴヤキャッスルは1969年に開業、2000年に改装後現在の名称に変更した。また、ナゴヤキャッスルは2013年に興和に買収されており、2018年以降にはホテルの建替も検討されている中での名称変更の発表だ。

ホテルの住所は愛知県名古屋市西区樋の口町3-19。名古屋市地下鉄鶴舞線「浅間町駅」より徒歩10分、東海道新幹線・JR各線「名古屋駅」よりシャトルバスで20分の場所に立地。建物は地上11階建て。客室はダブルルーム、ツインルーム、スイートルームなどを用意し全195室。館内にはレストラン・バーや宴会場、フィットネスクラブ、神前式場、チャペル、ショップ、駐車場などを備えている。

詳細はこちら



おすすめ記事

Comments 0

Leave a reply