Hotel Info

ARTICLE PAGE

アパホテル、旧鈴鹿セントラルホテルを「アパホテル〈鈴鹿中央〉」としてリブランド

author photo

ByHoteler

apasuzuka20170515002003.jpg

アパホテルネットワークとして全国最大の421ホテルを展開するアパホテルは4月27日、ストーリアとフランチャイズ契約を結び、旧鈴鹿セントラルホテルを「アパホテル〈鈴鹿中央〉」としてリブランドした。ホテルの住所は三重県鈴鹿市大池3丁目11番地35号。近鉄鈴鹿線「平田駅」より車で3分、東名阪道「鈴鹿I.C.」より車で15分、F1日本グランプリなどで知られる鈴鹿サーキットまで車で5分の場所に立地。

開業にあたり、客室・ロビー・外壁の改装工事を実施した建物は地上6階建て。50型の液晶テレビやWi-Fiを導入した客室はシングル、ダブル、ツイン、トリプルルーム、和室を用意し全106室。館内には男性専用の大浴場やレストラン、自動販売機、駐車場などを備えている。

apasuzukaroom20170515002011.jpg

ホテルでは現在、リブランドを記念したプランなどの発売は行っていないが、スタンダードプランでシングルルーム利用1名1室1泊朝食付きが4,900円から。ツインルーム利用2名1室1泊朝食付きが1室8,000円から。

詳細はこちら

おすすめ記事

Comments 0

Leave a reply