Hotel Info

ARTICLE PAGE

阪急阪神ホテルズ、旧ホテルサンルート白河を「東京第一ホテル新白河」としてリブランド

author photo

ByHoteler

shinsirakawatokyo06184302.jpg

阪急阪神ホテルズは4月1日、旧ホテルサンルート白河を「東京第一ホテル新白河」としてリブランドした。ホテルの加盟により、阪急阪神ホテルグループは全国48ホテルのホテルチェーンとなり、東北地方では4つのホテルを運営することとなった。ホテルの住所は福島県西白河郡西郷村字道南東7。東北新幹線、JR東北本線「新白河駅」より徒歩1分、福島空港より車で45分の場所に立地。

客室はシングルルーム、ダブルルーム、ツインルーム、和室、スイートルームを用意し全163室。館内にはレストラン「セゾン」や和食処「和」、カラオケルーム、宴会場、ティーラウンジ、売店、フィットネスクラブ、自動販売機、駐車場などを備える。

shinshiratyorom_convert_20170506184310.jpeg

ホテルでは現在、リブランドを記念したプランなどの発売を行っていないが、スタンダードプランでシングルルーム利用1名1室1泊朝食付きが4,400円から。ツインルーム利用2名1室1泊朝食付きが1室7,600円からとなっている。

詳細はこちら

おすすめ記事

Comments 0

Leave a reply