Hotel Info

ARTICLE PAGE

マリオットと積水ハウス、セントレア島内に「フォーポイントバイシェラトン名古屋中部国際空港」を2018年11月にもオープン

author photo

ByHoteler

-
fourpointscentrea70324001706.jpg

マリオット・インターナショナルと積水ハウスは、中部国際空港(セントレア)の島内においてセントレア初の外資系ホテルとなる「フォーポイントバイシェラトン名古屋中部国際空港」を2018年11月にもオープンすると発表した。ホテルの住所は愛知県常滑市セントレア4丁目10-5。名古屋鉄道空港線「中部国際空港駅」より徒歩6分、高速船乗り場北に立地し発着する飛行機も望める立地。

建物は地上12階建て。客室はキング、ツイン、スイートルームを用意し全319室を予定。館内にはバーラウンジ「ベストブルー」や会議室、エクササイズ施設を用意する。日本におけるフォーポイントバイシェラトンブランドは2016年9月にリブランドした「フォーポイントバイシェラトン函館」に続き2軒目だ。

fourpointsentrance324001825.jpg

セントレア島内には2018年夏に複合商業施設の開業、2019年にはLCCターミナルや大規模展示場の開業などが控えており、さらなるホテル需要の増加が見込まれている。空港都内では国際展示場の隣接地にも外資系ホテルの誘致計画があるがこちらの概要は決定していない。

詳細はこちら

おすすめ記事