Hotel Info

ARTICLE PAGE

エイチ・アイ・エス、「変なホテル舞浜東京ベイ」をオープン ロボットを活用した新感覚ホテル

author photo

ByHoteler

hennahotelmaihama8232246.jpg

エイチ・アイ・エス(H.I.S.)の子会社であるH.I.Sほてるホールディングスは3月15日、ロボットを活用したホテルの第2号店「変なホテル舞浜東京ベイ」を新たにオープンした。ホテルの住所は千葉県浦安市富士見5-3-20。JR京葉線「舞浜駅」より徒歩18分、東京ベイシティバス「富士見五丁目停留所」下車すぐ、首都高速湾岸線「浦安ランプ」より車で5分の場所に位置。

建物は地上6階建て。宿泊者の顔と名前を認識し、照明やテレビのON-OFFもできるコミュニケーションロボット「Tapia」や業界初・東洋紡が開発したマットレス、さらにはトイレバス別などを導入した客室は、ツイン、トリプルルームを用意し全100室。館内には2体の恐竜ロボットや1分の1ティラノサウルス模型、レストラン「ジュラシックダイナー」、自動販売機、駐車場などを備えている。

hennahotelmaihamarom0318232254.jpg

ホテルでは現在、開業を記念したオープン記念プランを発売中。ツインルーム利用3名1室1泊食事なしが1室15,000円から。トリプルルーム利用4名1室1泊食事なしが1室18,240円からとなっている。

詳細はこちら

おすすめ記事

Comments 0

Leave a reply