Hotel Info

ARTICLE PAGE

コスモスイニシア、アパートメントホテル事業を開始 東京と京都に2018年にも開業

author photo

ByHoteler

-
kosmosapat.jpg

分譲マンションの販売やリノベーションなどを行う大和ハウスグループのコスモスイニシアは、分譲マンションの開発や建築ノウハウを活かし、都市部ではまだ事例の少ないアパートメントホテルの開発、運営事業を開始すると発表した。同社ではすでに東京と京都で6棟のプロジェクト用地を取得済みで、うち5棟は2018年に開業予定。

詳細な場所の記載は無いが、アパートメントホテルは客室数40室程度のものから取り組み、1室4名で快適に過ごせる40㎡を基本価値として提供。客室は和を意識したデザインとし、リビング・ダイニング・ミニキッチン・食器など長期滞在用の設備を備えるとした。また、施設としてはランドリールームも備わる予定。

同社では、アパートメントホテルをはじめとして、ビジネスホテルやカプセルホテルにも取り組んでいるとし、今後土地の有効活用として多くの選択肢を提案していくとしている。

詳細はこちら

おすすめ記事