Hotel Info

ARTICLE PAGE

森トラスト、飛騨高山に開発用地を獲得 外資系ホテル誘致へ ブランドは?

author photo

ByHoteler

-
entry_img_692.jpg

森トラストは、11月22日に岐阜県高山市の開発用地と、土地の温泉権を取得したと発表した。取得地は、岐阜県高山市上一之町62 -3他。江戸時代の城下町の趣を伝える国の重要伝統的建造物群保存地区近くの立地で、現かみいち駐車場のある付近となっている。

広さは約4,700㎡。温泉権を活用したエリア初の外資系ラグジュアリーホテルの開業を目指すとしている。高山駅周辺には飛騨高山温泉高山グリーンホテルやベストウェスタンホテル高山といった中価格帯のホテルはあるものの、高価格帯となると旅館があるものの特に外資のラグジュアリーホテルは初出店となる。

高山のホテル

どこが出店するのか?



692tizu.jpg

では外資ラグジュアリーホテルと言ってもどのホテルブランドが出店するのでしょうか。そもそもホテルが位置する周辺は保存地区に指定されており、ビルを建てるなどの大規模な開発はできないので、あまり大きくない海外富裕層向けのホテルとなると考えられます。森トラストが同じような立地、規模でどのようなホテルを出店しているかを確認してみると、「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」や「軽井沢マリオットホテル」あたりがコンセプトの傾向が似ているホテルでしょうか。

ラグジュアリーコレクションホテルはスターウッド、マリオットホテルはマリオットのそれぞれ1ブランドですが、スターウッドはマリオットに買収されたため、マリオットはとりあえず確定な気がしますが、ブランドが何になるかは分かりません。規模の小ささを見るとラグジュアリーコレクションホテルあたりが出店しやすいのかなと考えます。リッツ・カールトンもありそうですね。

やっぱりマリオット?



ここのところ森トラストとマリオットの協業が続きますので出店するのはおそらくマリオットではないでしょうか。ブランドに関しては、ラグジュアリーコレクションやマリオット、リッツ・カールトンあたりだと考えます。

詳細はこちら

おすすめ記事