Hotel Info

ARTICLE PAGE

ハイアットと相互物産、浦安のTDR近隣に「ハイアットプレイス東京ベイ」を2019年にも開業予定

author photo

ByHoteler

entry_img_877.jpg

ハイアットホテルズコーポレーションと相互物産は、各関連会社を通じてホテル運営受託契約し、千葉県浦安市TDRから4kmの場所に「ハイアットプレイス東京ベイ(Hyatt Place Tokyo Bay)」を2019年に開業することを決定した。ハイアットが世界中で展開しているセレクトサービスブランドで、今回が日本初進出となる。また、相互物産は、東京オペラシティや立川駅南口複合ビルなどを所有する不動産会社。

ハイアットプレイスとは?



877logo.jpg

ハイアットプレイスは、”最新のテクノロジーと機能性の高いデザインを完備し、ハイアットならではの上質なホスピタリティを保ちながら、カジュアルなおもてなしを提供する新しいタイプのホテル”とあり、包括的なサービスを提供する従来のフルサービスと、客室に特化したリミテッドサービスの中間にあたる新業態のセレクトサービスのカテゴリーに属するホテル。ハイアットプレイスでは朝食が無料で提供されるなど、昨今の日本のビジネスホテルに近いものがある。

ハイアットプレイス東京ベイの詳細



877tizu.jpg

「ハイアットプレイス東京ベイ」の住所は千葉県浦安市明海5丁目。相互物産の100%子会社である東京ベイリゾ-ト開発が開発計画を進める場所で、東京ディズニーリゾートから約4キロ、羽田空港から約20キロ、成田空港から約50キロの距離に位置している。建物は地上10階建て。客室はスイート2室を含む全365室。館内には相互物産グループが運営する鉄板焼レストランを含むレストランやバー、フィットネス、キッズコーナー、駐車場などを備える予定。レストランでは朝食が無料で提供。

ホテルは、浦安というよりは新浦安の立地で、近隣には「三井ガーデンホテルプラナ東京ベイ」や「大江戸温泉物語浦安万華郷」、「東京ディズニーセレブレーションホテル」などのホテルがある地域の一角に建設されます。少し駅からは遠くなっていますが、ビジネスにもレジャーにも利用できる立地です。この立地で言うと客層として東京ディズニーリゾートを利用する人が多そうですが。

ホテルにはクラブフロアが建設されるとの情報も今のところ書いていませんので、日本の宿泊特化型ホテルの位置づけなのでしょう。ワイキキにある「ハイアットプレイスワイキキ」にもクラブフロアなどの設定はありません。また、ハイアットゴールドパスポートではハイアットプレイスはアップグレードの対象外となっていますのでご注意を。レイトチェックアウトなどは利用できます。

詳細はこちら

おすすめ記事

Comments 0

Leave a reply