Hotel Info

ARTICLE PAGE

ホテルマネージメント米子、旧米子全日空ホテルを「ANAクラウンプラザホテル米子」としてリブランド

author photo

ByHoteler

-
anayonago_convert_20171024111606.jpg

マネージメント米子は10月1日、経営する旧米子全日空ホテルをIHG・ANA・ホテルズグループジャパンが展開するANAクラウンプラザホテルに共同ブランド化し、「ANAクラウンプラザホテル米子」としてリブランドした。ホテルは2003年に開業し、14年間に渡り営業していた。住所は鳥取県米子市久米町53番2。JR山陰本線・境線「米子駅」より徒歩8分、米子空港からの連絡バスで約30分、山陰自動車道「米子中I.C.」より車で約5分の場所に立地。

建物は地上9階建て。寝具やアメニティをクラウンプラザのグローバルスタンダードに基づいて刷新した客室はシングルルーム、ダブルルーム、ツインルーム、スイートルームを用意し全134室。館内には朝食ビュッフェメニューが拡充されたレストラン「カフェ・イン・ザ・パーク」や日本料理「雲海」、ロビーラウンジ「アトリウム」、宴会場、結婚式場、新設された宿泊者専用フィットネスルーム、セルフビジネスセンター、フォトスタジオ、駐車場などを備えている。

anayonagoroom_convert_20171024111612.jpg

ホテルでは現在、リブランドと大山開山1300年を記念したリブランドオープニング記念&大山開山1300年祭コラボプランを発売中。シングルルーム利用1名1室1泊朝食付きが9,292円から。スタンダードツインルーム利用2名1室1泊朝食付きが1室17,072円からなどとなっている。

詳細はこちら



おすすめ記事