Hotel Info

ARTICLE PAGE

アビリタス、「ONE@Tokyo」をグランドオープン

author photo

ByHoteler

one@tokyo_20170801142043.jpg

ザイマックスグループでホテル日航成田などの運営を行うアビリタスホスピタリティは7月28日、4月1日にソフトオープンした隈研吾氏監修のデザイナーズホテル「ONE@Tokyo」をグランドオープンした。ホテルの住所は東京都墨田区押上1-19-3。京成押上線、都営浅草線、東京メトロ半蔵門線、東武伊勢崎線「押上駅」より徒歩3分、東京スカイツリーからは歩いて約7分の場所に立地。

世界的に著名な建築家・隈研吾氏が監修した外観やインテリアなどのある建物は地上10階建て。芸術家のアトリエをイメージしたAtelier Suiteや読書家のためのプライベートな書斎をイメージしたLibrary Suite、東京スカイツリーを望むLoft、ミニマルで機能性を追求したStudioなどをの部屋を用意する客室は、Wi-Fiのほか、館外に持ち出せるスマートフォン、Chromecastなどを導入し全142室。館内にはレセプションからバーまでが繋がる「@lobby cafe」や屋上にあり東京スカイツリーが望める「@roof top」、自動販売機、駐車場などを備えている。

one@tokyoroom_20170801142054.jpg

ホテルでは現在、開業を記念したプランなどの発売は行っていないが、基本プランでスタジオ利用1名1室1泊朝食付きが12,845円から。ツイン仕様のロフト利用2名1室1泊朝食付きが1室27,530円からとなっている。

詳細はこちら



おすすめ記事

Comments 0

Leave a reply